入っていると安心ながん保険案内

加入する気がなかったにも関わらず、がん保険の見積もりをしたのは、娘にそれを勧められたからでした。

入っていると安心ながん保険案内

がん保険の見積もりを勧められて

娘が器用にパソコンを扱い、私に見せてくれていたのは、様々ながん保険のプランでした。私はそのとき、まだがん保険に加入はしておらず、というよりも、がん保険に加入をするつもりはありませんでした。それは、がんという病気にはそう簡単に罹らないだろうという安易な気持ちと、罹るかわからない病気の保険料を支払うくらいならば、何かほかのことに使いたいという気持ちがあったからです。

しかしこの私の考えに対して、娘に大反対をされてしまいました。娘は私に「もしものことがあったらどうするの」と言い、がん保険の見積もりを立てるようにと勧めてきたのです。
娘が言うには、その見積もりを見て、きちんと保険料を知った上で検討してほしいとのことでした。

そうして娘に言われるがままにがん保険の見積もりを立ててみたところ、意外にもその保険料が安くで済むことを知ったのです。
娘が心配してくれていることもあり、私はこのとき初めてがん保険に加入することに決めました。必要最低限のがん保険のプランにしましたが、少しでも保障があるということは、思っていた以上に安心感を抱くことのできるものでした。私のことを思って勧めてくれた娘には、とても感謝をしています。

Copyright (C)2019入っていると安心ながん保険案内.All rights reserved.